Teruyo Isahaya NAGOYA/GIFU/ICHINOMIYA-COUNSELING

キッズカウンセリング(オリジナルメニュー)

 『キッズ(子ども)カウンセリング(90分)』についてのご案内

幼児(3歳頃~)から中学3年生までのお子様に

アメリカの公立学校(心理相談室)で実際に行われている心理療法をアレンジした伊佐早照代の特別セッションメニューです。

キッズ(子供)カウンセリング 90分
(岐阜市・一宮市での、ご自宅訪問セッション)
8,000円 (税抜)
キッズ(子供)カウンセリング 90分
(名古屋相談室又は名古屋市でのセッション)
10,000円 (税抜)
親子キッズ(子供)カウンセリング(120分)
(岐阜市・一宮市・名古屋市でのセッション)
15,000円 (税抜)

『キッズ(子ども)カウンセリング』をご検討されている保護者の方へ

「何だか最近、学校でお友達や(先生)とうまくいってないみたい…」
「何だか、いつも元気がない…」
「朝、お腹が痛いと言って学校に行きたがらない」
「いつも怒りっぽい性格で、困っています…」など。

普段の生活の中で、お子様について気になることはありませんか?

キッズカウンセリング

キッズ(子ども)カウンセリング(90分)』では、お子様がより「安心」して心理相談室での時間を楽しく過ごせるよう、プレイセラピーを取り入れており、心理カウンセラーと一対一で過ごす体験を通して、自分の気持ちを適切な言葉で表現する方法や、自分の感情をコントロールする方法などを学びます。

そして、自尊心(自分を大切にする気持ち)や自己肯定感(自分に対する自己評価)を高めながら、学校生活で必要となる社会性(ソーシャルスキル)やコミュニケーションスキルを身につけることができます。

*このカウンセリングは、アメリカの公立学校(心理相談室)で実際に行われている心理療法をアレンジしたセッションとなります。
*対象年齢:幼児(3歳頃~)から中学3年生

また、怒りっぽいお子様、学習障害や発達障害(グレーゾーンも含む)のお子様、不登校、適応障害(両親の離婚や親の転勤等で新しい生活環境に極度なストレスを感じている状態のお子様を含む)、友達からのいじめや大切な人のなど、「こころ」に大きなストレスや不安を抱えているお子様にも効果的な心理療法となっております。

プレイセラピーの特徴と効果

親子カウンセリングイメージ

プレイセラピーは、お子様が“遊び”を通して、自分の「こころ」で感じるいろいろな気持ち(感情)やこれまでの様々な体験を自由に表現することができる心理療法です。

セッション中、お子様は、お子様の年齢に応じた“遊び”を心理カウンセラーと一緒に取り組みます(セラピーゲームやボードゲーム、カウンセリングシート(課題プリント)、造形、絵本やお絵かきなど)。

そして、心理カウンセラーと一対一で過ごす体験を通して、自分の気持ちを適切な言葉で表現する方法や、自分の感情をコントロールする方法などを学びます。

そして、自尊心(自分を大切にする気持ち)や自己肯定感(自分に対する自己評価)を高めながら、学校生活で必要となる社会性(ソーシャルスキル)やコミュニケーションスキルを身につけることができます。

『初回キッズ(子ども)カウンセリング(90分)』の流れ

①『カウンセリングを始める前に』(最初の10~15分程度)お子様と保護者

先ず、カウンセリングを始める前に、保護者の方から、『キッズ(子ども)カウンセリング(90分)』をご希望された目的(主訴)や普段のお子様の様子(経緯等)をお伺いいたします。

そして、お子様がカウンセリングを始めるにあたり、何かご不安な点やご不明な点をお伺いした後、心理カウンセリングについての説明(守秘義務など)をさせていただきます。

②『カウンセリング』(45分~50分程度)お子様のみ

実際に「カウンセリング」を始めていきます。保護者の方は、一旦ここで席をはずしていただき(退室)、心理カウンセラーとお子様のみの一対一でのセッションとなります。

カウンセリングルームには、お子様の年齢に応じた様々なセラピーゲームやカウンセリングシート(課題プリント)等を幅広くご用意しております。お子様ご自身で、「やりたい」と思うもの選んでいただき、それを心理カウンセラーと一緒に行います(15~20分程度)。

心理カウンセラーは、お子様の様子を観察しながら、時折、適切な質問(「問いかけ」)をし、お子様が「今、感じていること」や「今、話してみたいこと」を安心して表現できるよう、お手伝いいたします。

最後の30分は、お子様の「こころの状況」に応じて、お子様に必要なスキル(ソーシャルスキル、コミュニケーションスキル、感情の表現やコントロール方法など)を学びながら、心理カウンセラーと一緒の時間を過ごします。

③『コンサルテーション』(最後の20分程度)お子様と保護者

保護者とお子様、そして心理カウンセラーの3人で、お話をさせていただきます。

保護者の方は、「お子様に対する想いやお気持ち」について、心理カウンセラーにお伝えください。
心理カウンセラーは、セッション中のお子様の様子を保護者にお伝えしながら、「お子様のこころの状況」に応じた適切な対応方法(ご家庭で出来る事も含む)をご提案させていただきます。

*保護者の方がお子様と一緒に「カウンセリング(プレイセラピー)」に同席されたい場合は、『親子カウンセリング(120分)』をご利用ください。

保護者の方は、心理カウンセラーのサポートのもと、実際にお子様と接しながらお子様の「こころ」と向き合う方法を学び、ご家庭でもそれを実践することができるようになります。

お申込み:当サイトの予約窓口よりお申し付けくださいませ。 ネット予約 電話予約

次回のご予約について:

照代カウンセラー心理カウンセラーから、お子様が『キッズ(子ども)カウンセリング(90分)』をご継続された方がいいのか、もしくは、その日の面談でいったん日常の生活を過ごされたほうが良いのかをご提案させていただく場合がございますが、最終的なご判断は、保護者様に委ねさせていただいております。
もし、次回のご予約『キッズ(子ども)カウンセリング(90分)』をご希望される場合は、いつでもその旨を心理カウンセラーへお伝えください。

 

子どもたちの健やかな心の成長とパパ・ママの幸せを応援します。

ご予約カレンダー(24h)又はフリーダイヤルから TEL 0120-03-5905 くれたけ総合受付センター 9:00~21:00(土・日・祝日も対応)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい。

PAGETOP